犬はペットであり家族!なんとなく買う(飼う)はおすすめ出来ない!実体験から得た知識!

犬が5匹こっちを見ている絵

犬はペットです。そして一つの命なのです。

ここについて私の考えをまとめてみました。

犬はペットであり家族…そして一つの命

ペットショップで可愛い!一目惚れ!しちゃいますよね?

でも、その時、この子が病気になった時、この子が年老いた時の事も、考えてみてほしいのです。

それでもしっかりと愛せますか?
その子の最期の時まで愛してあげれますか?

と一度自分に問いてみてほしい。

それでもyesならペットではなく家族として迎えてあげて下さい。

なんとなく犬をペットショップで買ってみた(で飼ってみた)

私も、そこまで覚悟があったかというと、そうでは無かったと思います。

娘が、ずっとほしがっていて、賃貸に住んでいた時には、大義名分がありましたが、持ち家になってしまっては、飼えない理由もなく、そのときにテレビでやっていた「マサハル君?」愛らしい姿に、なんとなく引き込まれていく。

「どうせなら大型犬がいいなぁ」人間ぽいしなんて考え始めている自分にもびっくり。だって、私、犬嫌いだったんですから。

犬に服を着せたり、レインコート着せて雨の中を散歩してる姿をみて、バカにしてた人でした。

そんな私が?犬を飼う?私自身が一番現実味が、なかったのかもしれませんが、ただ、最期を看取ることを考えると、自信はなくて、娘のちゃんと「面倒見る」という言葉も疑いしかなかったですね。

犬と人間は意思疎通が出来るor出来ない?

満を持して?我が家にやってきた三か月のラブラドール。

お互い理解し合うまで、どれだけの日数がかかったでしょうね。

初めは、ショップに返そうかとさえ考えてしまうほど、憂鬱でした。

でも、不思議なものですよね。

毎日毎日イライラ、ブツブツ格闘した日々の積み重ねが、キヅナをつくり、愛情がじわじわと溢れだし、4年たった今では、列記とした家族の一員です。

というより、家族の中心です。我が家の話題の半分以上わんこです。

入院した時には、みんな無口過ぎて。4年前は、これが当たり前の毎日だったのに…不思議すぎますよ…ほんとに。

なんなんでしょうね?

言葉を話せない分、目力が強いというか、表情で、全てを伝えてくるんですよね。それが、たまらないのかもしれません。

犬の性格や潜んだ病気は見抜けない

ブリーダーさんや、ネット、ショップ、あらゆる所から、わんこを買うことが可能な世の中ですが、簡単に買える分、リスクもついてきます。人間のあかちゃんと同じですよね。

健康に生まれてきたのに、なんでこんな病気に?なんで身体が弱いの?かと思えば、健康優良児ちゃんもいます。

こんな言い方したくはないですが、当たりはずれがあるという事、人間の赤ちゃんは、自分の子供だし、あたりもはずれもないですけど、ワンコの場合、自己責任でしょ。

だって自らこの子!と選んだ訳ですから。予想だにしなかった経験をされている方、私の知っている限りでも、沢山います。

飼って数か月で、骨折、それから骨折がくせのように、何度も何度も、ソファから降りただけでポキッ!その子にかかってる治療費が百万単位であること…ある日突然てんかん発作をお越し、手が付けられない状態になったワンコと、ニャンコ、食糞が治らない子。

可愛いと一目惚れしたわんこを眺めながら、そんなこと想像もしないじゃないですか?想像しなくていいです。

ただ、万が一病気した時の、治療費や、受け入れてあげられる環境であるか?

現在とは、家庭の事情が変わった場合でも優先して考えてあげられるのか?

可愛い!その言葉の裏側に命を引き受ける覚悟をもって責任を持って、ペットを飼う決断をして頂きたいと願います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする